ネット誹謗中傷対策ならエフエーアイへご相談ください!

サービス利用規定

株式会社エフエーアイ(以下、「弊社」という)が運営する誹謗中傷・風評被害・ネット被害対策(以下、「本サービス」という)を利用する場合、これを行おうとする者は本約款の各条項に従ってサービスの提供を受けることに同意したものとします。
第1条(定義)

【利用者】

本サービスを利用する者

【代理店】

利用者の委託を受け利用者に代わり本サービスを利用するための諸作業を行う者
第2条(利用申込)
本サービスの利用申し込みは、利用者または代理店が本約款を承認の上、弊社の指定する方法で必要事項を当社に提出しておこなうものとします。
第3条(契約の成立)
前条で定める方法で弊社に本サービスの利用を申し込み、弊社がこれを承諾した場合、本約款の条件でサービス利用契約が成立するものとします。
第4条(利用料金及び支払条件)
当サービスの利用料金は、利用者ごとに状況を確認の上で施策を提案し、決定します。利用者及び代理店は、利用料金を支払期日までに弊社の指定する銀行口座に振り込むことにより支払うものとし、支払いにかかる手数料は振込主が負担するものとします。
第5条(着手金)
施策内容によっては着手金が必要となる場合があります。着手金が必要な施策については、着手金のご入金を確認した後に作業を開始します。
第6条(契約の終了)
所定の成果の達成、もしくは契約に定められた期間のサービス提供の終了をもって、弊社サービスの契約は完了となります。
第7条(代理店)
代理店は、利用者の事情に関係なく、弊社の請求する利用料金を契約通りに支払う義務を負います。
第8条(途中解約)
契約期間中の利用者の都合による解約は、原則として認められません。やむを得ない事情がある場合のみ、キャンセル料金(契約料金合計の50%、着手金が先に支払われている場合は未達成の成果報酬の50%)の支払いをもって解約とします。
第9条(契約内容の変更)

次のような場合は弊社と利用者の協議により、契約内容の変更を検討するものとします。

1.契約期間中に検索エンジンのアルゴリズムの変更等により新たな施策方法を開発する必要が生じた場合
2.契約期間中に外部要因等の止むを得ない事情により施策を継続する事が困難な状況になった場合
3.施策開始6ヶ月経過後、弊社が施策内容の見直しが必要と判断した場合
第10条(成果の判定)
成果の基準が検索順位に準拠する施策において、PCや携帯電話によって検索結果が異なる場合は、弊社内の中立なPCおよび携帯電話の検索順位を基準とします。
第11条(サービス提供の条件)

以下のいずれかに該当する場合、弊社は本サービスの提供を拒否できるものとします。

1.利用者が風評被害の当事者ではない場合
2.サービスの提供が犯罪、反社会的行為を助長すると判断される場合
3.その他、弊社が不適切と判断した場合
第12条(同時発注の禁止)
利用者および代理店が弊社との契約期間中に、他者に同様のサービスを発注することを禁止します。弊社との契約成立後に上記が判明した場合、契約を継続するか否かを決定する権利は弊社が有し、継続とした場合、成果は弊社のものとして料金を請求します。
第13条(機密保持)
弊社と利用者及び代理店は、本約款に基づく本サービスの履行に関し知り得た相手方の機密事項について、相手方の書面による承諾を得ない限り、一切第三者に開示、漏洩しないものとします。
第14条(合意管轄)
弊社と利用者及び代理店とは、本約款及び諸契約に関して訴訟が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属所轄裁判所とします。
第15条(準拠法)
本約款の成立、効力、履行及び解釈には、日本国法が適用されるものとします。
第16条(協議義務)
本約款に定めのない事項については、弊社と利用者または代理店との間で誠意をもって協議のうえ、解決するものとします。
第17条(約款の改定)
本約款は、弊社の判断で改定する場合があります。

平成28年12月5日制定

無料相談はこちら
無料相談はこちら